ローソンの生ブッセ(チーズ&カスタード)を実食レビューします
スポンサーリンク

新食感スイーツが次々に発売しております。

4月14日に発売した、「生ブッセ」を食べました!

スポンサーリンク

カロリーと値段。製造情報。

■価格 195円(税込)

■発売日 2020年4月14日

■製品情報

名称 洋菓子

製造者 コスモフーズ株式会社

カロリー 177kcal

スポンサーリンク

食べてみました

自分のイメージしている、ブッセはさっくりした生地なのですが。

今回は「生」ブッセとのこと。

 

パッケージから取り出したときも、生地のしっとり感が手の感触にも感じられました。

この生地の焼き方にはこだわっているそうです。

 

中を覗いてみると、クリームとカスタード、その中にチーズの粒が入ってます。

この、クリームは北海道産純生クリームを使用しているそう。

 

さっそく、食べてみると。。

 

キメが細かい、しっとり生地で、口の中で溶けてしまうほど。

しっとり生地に、クリームの中に入っているチーズの粒がアクセントになっています。

 

カスタードクリームはチーズ感が強く、濃厚です。

 

好みは、分かれるかもしれません。

 

コンビニスイーツとは、思えないとても手の込んでいる味の構想であると思いました。

 

スポンサーリンク

ブッセとは?

ローソンさん、新食感スイーツ、次々発売します。

ブリュレや、スフレ、今回はブッセ。

 

なんだっけ、ブッセって?

 

となったので、改めて確認しました。

ブッセ(仏bouchee)とは、フランス語で、「一口」という意味。

フランスでは、一口サイズの温オードブルを指す。

日本でのブッセは、ワッフルやどら焼きと違い、しっとりせずにさっくりとしているのが特徴。

 

ブッセって、あの、丸っこくて、さっくりとした生地という印象がありますが。

 

今回は「生」とブッセの前についており、口の中で溶けてしまうほど、生地もふんわりとしておりました。

スポンサーリンク
おすすめの記事